食欲が落ちた犬に与えたい、ウェットのドッグフード。

犬は時々食欲が落ちる事があります。自分で食べる量を調節する犬もいますし、もともと食欲があまり無い犬種も存在します。
しかし飼い主から見ると、愛犬がドッグフードを食べないと心配になってしまいます。どこか具合が悪いのか、ドッグフードが合っていないのか、色々と悩んでしまうものです。
すぐにドッグフードを変えたり、おやつを与えてしまうのは逆効果になりますので、何日かは見守って大丈夫ですが、あまりにも毎日食欲が無い場合は、ウェットタイプのドッグフードを与えてみましょう。全てをウェットにするのではなく、いつものドライフードに足すようにしても良いのではないでしょうか。ウェットは食べやすいですし、柔らかい肉を食べているような感覚になりますので、きっと気に入るはずです。だんだんと食欲が戻ってきたら、ドライフードの割合を多くしていき、最終的にはドッグフード評価を見ていつものドライのドッグフードに戻してあげます。
もちろん、毎日食欲が無い場合は病気の可能性もありますので、他に気になる箇所などがあれば病院に行く事が第一です。しかし、病院で変わった点は見られなかった場合は、こういった方法も試してみると良いのではないでしょうか。
柔らかいフードを選ぶ際には、なるべく良い食材を使用した、無添加でオーガニック食材を使用したものを選びましょう。素材の香りや味をしっかり感じることができ、犬の食欲が増すことがあります。少し値段は張りますが、犬の健康には変えられません。是非お試しください。